ウォークインクローゼットについて

ウォークインクローゼットを取り入れれば家中がスッキリする!と考える人も多いでしょう。こちらでは、ウォークインクローゼットを導入するメリットやデメリットを解説していきます。家の設計を検討するときに参考にしてください。

出窓について

出窓にインテリア雑貨を飾ったり、ベンチにしたり、素敵な雰囲気のある出窓が欲しい!と思っている人は多いのではないですか?そこでここでは、出窓をつくるメリットやデメリットについてご紹介していくのでご覧ください。

出窓をつくる時のポイント

注文住宅ならお洒落な出窓も大丈夫!

注文住宅は設計の自由度が高いため、外観のデザインはもちろん間取りや水まわりの設備、さらには門扉や駐車場といった外構部分に至るまで、施主にとってこだわりの住まいを実現しやすいと言えます。例えば出窓を取り入れることで、住まい全体をお洒落な洋風の雰囲気にしたい、あるいは室内を広く見せたいといったようなニーズも、注文住宅では決して珍しいことではありません。 実際に出窓には見た目のお洒落さ等だけでなく、機能面でも幾つものメリットがあります。例えば通常のタイプよりもガラス面積が広いため、採光性や風通しに優れることもその1つ。その結果、室内を明るく健康的に保つことが可能になります。 また収納面にも注目です。出窓の下側部分はカウンターになっているのが一般的なので、そこを書籍や小物の収納スペースに活用すれば、室内の整理整頓もはかどるでしょう。

出窓のデメリットを知って効果的な対策を!

注文住宅で出窓を希望するなら、その注意点もよく理解しておくことが求められます。例えば出窓は採光性や通気性に優れる反面、その周囲は寒暖差が大きくなりやすく、夏場は高温になったり、冬場は寒く結露しやすいといった、様々なデメリットがあるのも事実。したがって出窓にするのであれば、特殊な加工をした複層ガラスを採用して、遮熱性や断熱性を高めるなどの工夫も必要になるでしょう。 もう1つ忘れてはならないのが、プライバシーや防犯面です。出窓はガラス面が広く目立ちやすいため、外部から覗かれたり、室内の音が漏れるなどして、プライバシーの確保が難しい傾向があります。また出窓の下部は一般的にカウンターになっているので、そこを踏み台にして侵入を許しやすいといったリスクも、見逃せません。そこで遮音や遮蔽に優れたカーテンを取り付けたり、窓に防犯フィルムを貼る、高性能なロック機能を設置するなど、厳重な対策が求められます。