ウォークインクローゼットを取り入れるメリット

大容量で衣類や雑貨類をひとまとめにできる!

注文住宅の家造りを考えるときに、多くの人が取り入れたいと思うのがウォークインクローゼットです。一般的なウォークインクローゼットの広さは、1畳半から3畳ほどです。可動式の棚や引き出し、ハンガーパイプを設置することができ、人が中に入って歩けるくらいのサイズのスペースになっています。大容量の荷物を収納できるというのが、ウォークインクローゼットを導入する1つのメリットです。衣類やバッグ、アクセサリーなどを一つの場所にまとめられます。広々としたスペースなので、スッキリと見栄え良く収納することが可能であり、お洒落な空間に仕上げることもできます。衣類以外にも、寝具やキャリーバッグなどの大きい荷物も収納できるところも良いポイントです。

衣替えを気にしなくていい!着替える場所に使える!

ウォークインクローゼットは、広いスペースに春夏物、秋冬物といった季節を通した衣類やバッグなどを収納することができます。そのため、面倒な衣替えの必要がなくなるという点も、ウォークインクローゼットを設置するメリットの一つになります。衣替えのタイミングを気にすることもなくなるでしょう。そして、広い空間のウォークインクローゼットは、衣類などを収納するのに大活躍するスペースですが、そのほかにも更衣室にもなります。ゆとりをもって人が出入りできる広さがあるため、鏡を置いて毎日の着替え場所に使えます。ドア付きのウォークインクローゼットを設計することで、家族の目を気にせずに、プライベート空間で使用できるでしょう。

新築一戸建ては、廊下を通じて各居室があり、各居室には十分な収納があります。景色を楽しめる窓の配置など、ゆとりある間取りが特徴です。