出窓が絶対に欲しい!だけで大丈夫?デメリットについて

出窓のメリットだけでなく、デメリットにも目を向けよう

ガラス面が広い出窓は、通常の平面的な窓と比べ、採光が良いのがメリットです。また部屋を大きく開放的に見せる効果もある上、外観も洒落た感じになります。出窓の室内側には日当たりの良いスペースができるので、そこで観葉植物を育てたり、お気に入りのインテリアを飾ったりといった楽しみ方もあるでしょう。そのため「注文住宅を建てるなら、絶対に出窓を設置したい」と考える人も少なくないはずです。しかし出窓にもデメリットがあるので、憧れだけで設置するのは感心しません。まず出窓は採光が良い分、太陽光の熱も部屋に伝わりやすくなります。特に夏場は、薄手のカーテンだけでは防ぎきれない程の強い日差しが差し込むので、すぐに室温が上昇してしまうのです。

結露や風切り音に注意

特に出窓の前のスペースには熱気が溜まりやすく、結露の原因にもなります。このスペースは、寒い時期になると冷気がこもるので、暖房を使う冬場にも結露が生じやすいのです。結露を放置しておくと、その部分が劣化していくため、こまめに拭き取るなどの対策が欠かせません。更に出窓というのは構造上、風切り音が発生しやすいため、強風時に騒音で悩まされることもあります。特に台風などの際には、「出窓が割れるのでは?」と不安になる人もいる程です。風切り音の発生を防ぐことはできませんが、災害時に備えて、出窓にもシャッターを備えた方が安心でしょう。 この他、出窓のデメリットとして、空き巣に狙われやすい点も指摘されています。防犯対策の意味でも、出窓にシャッターを設置するのは、有効かもしれません。

一戸建てには注文住宅と建売住宅の2つがあります。注文住宅は自分の所有地に自由な間取りやデザインで建てる住宅のことで、建売住宅は売主である不動産会社が土地と建屋をセットで販売しているものです。